排卵日チェッカーで男女の産み分けが可能

私自身男女の産み分けが可能という事には正直驚きました。

100%ではないにしろ子供を授かりたい人にはどんな事でも試してみたいのではないでしょうか。

では、もし男の子がほしいと思ったら一体どうしたらいいのでしょうか。

確実な方法とは言い切れませんが、排卵日チェッカーでまずは排卵日を確認して、その当日に夫婦生活があれば確率が上がるそうです。

理由としては女性の膣内がアルカリ性の状態になるのが排卵日当日だそうです。

そうなりますと、排卵日に卵子と出会う精子が生き残りX精子かY精子かの違いで、男女の産み分けがある程度可能になるわけです。

男の子になるY精子を生き残らせる為には、排卵日チェッカーで根気よく計りタイミングを取り、男性側にも協力してもらえば、望んだ男の子が生むのも夢ではないかもしれませんよ。

無事に新たな命が生まれてくれれば男女に関わらずそれに越したことはありませんが、家族計画もあるでしょうから排卵日チェッカーでうまくコントロールすることも良いのかもしれませんね。

Comments are closed.